ローカルでのテスト

テストフレームワークはpytestを使います.専用の環境を作成しましょう.

> conda create -n pytest
> activate pytest
(pytest) > conda install python
(pytest) > conda install pytest

Note

conda install pytestのみだと,Python 3.5がインストールされてしまったので,pytestの前にpythonをインストールしています.

テストスクリプトはtestsディレクトリの中に入れていきます.testsディレクトリ自体の配置方法は2つあります.一つは,takuhaiパッケージのサブパッケージとする方法です.この場合には,テストスクリプトもパッケージ本体の中に含まれていて,pip install時にtakuhaiパッケージとともに配布されます.もう一つは,takuhaiパッケージと並列に配置する方法です.この場合には,testsはパッケージではなく,テストスクリプトをまとめるディレクトリになります.テストスクリプトはパッケージと一緒に配布されません.

takuhaiプロジェクトは,後者の方法を採用しています.pytestがtakuhaiパッケージを使えるようにするために,ローカルに「開発モード」でインストールします.setup.pyがあるディレクトリ下で以下を実行します.

(pytest) > pip install -e .

テストを実行しましょう.

(pytest) > pytest
============================= test session starts =============================
platform win32 -- Python 3.6.3, pytest-3.3.0, py-1.5.2, pluggy-0.6.0
rootdir: C:\Users\daizu\Documents\GitHub\takuhai, inifile:
plugins: hypothesis-3.38.5
collected 9 items

tests\test_convert.py .........                                          [100%]

========================== 9 passed in 0.17 seconds ===========================

テストにパスしたことが分かります.